2011年07月26日

日にち薬


昨日、眼科の先生の所へ、術後のチェックに行っていたウィリーU^ェ^U

経過も良く、後は日にち薬。
目薬も徐々に回数を減らして行ける事になりました(^o^)v

昨日で一応の通院も修了です!

エリカラも外して良いんだけど、
ただいま、絶賛カイカイ中の為、
また激しく掻いた拍子に目を傷付けると大変なので、
少し痒みが治まるまでは、目の届かない時は
着けておいた方が良いでしょうとの事でした。

とりあえずはここまで来ました!
あれだけの怪我をしたのに、
よく失明もせず、また元通り見えるようになるなんて...。

本当に不幸中の幸いぴかぴか(新しい)

先生方に感謝です(^人^)

後は、元々発症していたぶどう膜炎の進行が、
少しでも遅くなってくれるのを祈るばかり(^○^)

ウィリー、本当にここまでよく頑張ったね!!




posted by かほブー at 08:37| 香川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

通院日


今日は目薬交換の日でした病院

昨日辺りから、かな〜り赤みが引いて来たなぁ〜と飼い主が思っていた所、
先生も一目見るなり、『おぉexclamation×2 色が薄くなって来てるねぇ〜exclamation×2』と。

経過はかなり順調で、ベリーグッドとの事でしたるんるん

良かった良かったわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

IMGP3650.jpg※クリックで写真が大きくなりますカメラ

そしていつもなら、病院の帰りにお散歩して、ワタシはスーパーに寄ってから帰るのですが、
今日は何故か兄が行きたがらず…

とりあえず出掛ける用意をして勝手口から出たものの、ちっことう○ちをそこで済ませ(笑)、
早々に家に引き上げ、その後2階の自分の部屋へダッシュダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

何がそんなに行きたくないのか意味不明あせあせ(飛び散る汗)だったけど、とりあえず部屋に入ってしまったので、
階段の下から、『じゃぁ、ウィリーと2人で行って来るからお留守番しててよぉ〜』
と声を掛けて出掛けました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

そして、病院と散歩を済ませて1時間程して家に戻ると、寝てたらしくアクビをしながらお出迎え犬

でもね、病院へ行ってビックリな事がexclamation×2

先生が、『こないだ渡すの忘れてたんですぅ』とハガキを差し出し、見るとジョニーのワクチンのお知らせ。
しかも日付は今日exclamation×2

ははぁ〜、兄ちゃん、何か察したねふらふら 苦笑

とりあえず、今日の所は助かった兄でした...
IMGP3654.jpg



posted by かほブー at 13:41| 香川 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

2度目の手術(備忘録)


昨日、再診で病院へ連れて行きました。

術後のウィリーの目の様子。
手術の時に触っているので、かなりの充血具合ですもうやだ〜(悲しい顔)
パっと見、『血が出てんじゃないのぉ?』位な感じだけど。。。

DSCF8245.jpg※クリックで写真が大きくなりますカメラ

白目と黒目の間に、白くスジが入っているの分かりますかね?
そこが今回切り込みを入れた部分になります。
切った事によって、白目の部分にあるモノは元々そこのモノなので徐々に薄くなり
元の白い状態へ。

黒目の傷に覆い被さっている部分は、これから角膜に吸収されて行くのですが、
元々角膜と結膜で違うモノになるので、元通り真っ黒な状態に戻す事は難しいとの事。
どれくらい吸収されて、色も白っぽいのが透明に近くなるか、
それはそのコそのコの個体差だそうなので、ウィリーの場合はどうか分かりません。

そして、なるだけ吸収を促してあげる為にも、また以前と同じく、
自己血液の血清と抗生物質の点眼を続けて行く事になりました。

BLOG8253.jpg

手術が終わって一安心黒ハート

それでもまだまだ道のりは長いようです...たらーっ(汗)

本人は特に気になる様子もないようで、至って元気にしています手(グー)
ホント、ウィリーのその様子に救われます...ぴかぴか(新しい)

一緒に頑張ろうネexclamation×2

BLOG8254.jpg



posted by かほブー at 20:40| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

無事に終わりました


お陰様で手術は無事に終了し、抜糸等々完了致しました。

ご心配頂いていた各方面の方々、本当に有難うございました。心強かったです。。。

先程お迎えに行って来たのですが、とても元気そうだったので安心しました。

ちょっとだけ目をショボショボさせていますが、それも時間が経てば落ち着いて来るそうです。

今日はもう遅いので、ウィリーの写真だけ貼っておきますね。

明日、再診になっていますので、詳しい事はまた記事にUpしたいと思います。

やっとホッと出来ます。本当に良かった黒ハート

IMGP3641.jpg




posted by かほブー at 22:40| 香川 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

行って来ます!


あと1時間ほどしたら、ウィリーを先生に預けに行こうと思います。。。

今朝は昨日までの晴天がウソのように、朝起きると大雨でした雨

まるで、私達の心を写しているよう…と思っていたら、『我が家の晴れ男』、
手術日だと言う事など全く気付いていないので、散歩に行く気満々ダッシュ(走り出すさま)
で、カレのテンションが上向いたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)ので、当然の如く雨も小降りに...小雨

もうじきお出掛けだけど、行き先が楽しくなくてごめんねたらーっ(汗)

IMGP3627.jpg

ちょっと不貞腐れてるexclamation&question

IMGP3630.jpg

諦めモードかな...

IMGP3632.jpg

だんだん眠くなって来た眠い(睡眠)

IMGP3635.jpg

もう寝ます眠い(睡眠)soon

あー、心がザワザワするぅーーーふらふら
何かに没頭しとかないと、ジッとしてられない感じですあせあせ(飛び散る汗)
ブログを書いてるのもそう。。。
写真を撮ったのもそう。。。

落ち着け、ワタシパンチ

IMGP3639.jpg

行って来ます病院





posted by かほブー at 10:45| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

再手術


先週の土曜日、目薬の交換に行った際に、ウィリーの再手術の日程が決まりましたひらめき

7月1日(金曜日)ですひらめき

DSCF8236.jpg
患部を覆う結膜も、良い感じに薄くなって来ているので、多分今回は手術出来ると思いますexclamation

また、全身麻酔になるので、心配がないと言えばウソになりますが、
ここは先生方を信じてお任せするしかありません黒ハート

DSCF8238.jpg

チビた〜ん、ガンバルんだよぉ〜手(グー)手(グー)手(グー)



posted by かほブー at 13:09| 香川 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

通院日


今日は久しぶりに雨が上がりましたグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)

昨日は行けなかったお散歩に行き、目薬を貰いに病院へ病院

DSCF8198.jpg

先客さんが診察台でモゾモゾしているのを聞き、自分も一緒になって怖くなって来たらしい...笑

DSCF8199-horz.jpg

散歩の後で血行が良いので目が血走ってるけど(笑)、傷の方は至って順調ぴかぴか(新しい)

このまま何もなければ、来週中には再手術の予定ですメモ

それから、カラーをかれこれ2ヶ月近く付けっぱなしているので、
とうとう首の当たる所が赤〜く擦れた感じになって来ましたふらふら

気にしてる感じもないから、本人は痒いとか痛いとかはないのかも知れないけど、
可哀想なので、ちょっとクッション的に当たる部分にハンカチを巻いてみましたよひらめき

DSCF8208.jpg

カラーのサイズがピッタリなので、余り厚いモノも挟めず...あせあせ(飛び散る汗)

可哀想だけど、外してあげる訳にもいかないので、もう暫く辛抱してもらう他ありませんもうやだ〜(悲しい顔)

DSCF8202.jpg

そして、兄は今日も見守る係りですかわいい  そういうの、大事ぴかぴか(新しい)


posted by かほブー at 14:32| 香川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

3往復


どこを往復した回数かと言うと、動物病院へ車で行った回数車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

元々今日はウィリーを眼科専門の先生に診てもらう為に、12時前に連れてかなきゃ行けなくて、
預けたらその足でジョニーをトリミングに連れてく予定でした。

しか〜し、昨晩から飼い主@かほブー、また著しく体調を崩し、喉の痛みがハンパないもうやだ〜(悲しい顔)
胃の調子が良い感じになって来て、そろそろ食べられるかも〜と思っていた矢先、
今度は喉の激痛たらーっ(汗)

明日は朝イチで自分の耳鼻咽喉科に行って、その後動物病院へ行こう!と計画して寝ました夜

そしたら、早朝5時。 ペチャペチャ音で目が醒めると、案の定兄が具合悪そう。
そうこうしてる内に嘔吐どんっ(衝撃)  何かどす黒くて血みたい。。。

けど、その後またベッドに戻って寝始めたので、吐いてすっきりしたのかと思い、
朝ご飯をごくごく少量あげると、フツーに完食。

けど、1時間位して全部戻しちゃったあせあせ(飛び散る汗)

私の喉はと言うと、今朝に至っては、ご飯も飲み込めない程の激痛どんっ(衝撃)
ジッとしてても痛くて、しかもゾクゾク寒気もするし、間違いなく発熱してる感じ。

けどね、勿論9時前に家を出て、兄を先生の所へ連れて行きました。
母親ってそういうもんですよね。自分の事なんて、二の次、三の次exclamation 

先に自分の病院へなんてこれっぽっちも考えつかなかった。
ゾクゾクするなら厚着して行けダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)って感じで、着込んでね。笑
母性ってスゴいぴかぴか(新しい)

診察の結果、お腹は痛くないようだし、熱も平熱。 脱水も見られず。。。
で、念の為吐き止めの注射を打って、後でウィリーを連れて来る時間まで様子を見る事になりました。

家に戻って、吐く様子もないし落ち着いているので、私はやっとこ自分の病院へ病院

結果、喉が有り得ない位真っ赤っかに腫れていて、やはり熱もありましたもうやだ〜(悲しい顔)
風邪ですね。。。

まぁね、ここ2週間余り、ロクに食事をしていないので、抵抗力も免疫もきっとガタ落ちですよバッド(下向き矢印)

注射と吸入をして、お薬を貰って帰って来ました家

そして、すぐさま今度はウィリーを病院へ預けに病院

もしかしたらそのまま手術になるかも知れないので、そしたら帰って来るのが遅くなるかも。。。
って事だったのですが、16:00頃電話があり携帯電話
『今日は診察だけで、もう帰って来てますので、お迎えお願いします』って。

う〜ん、術後の経過がイマイチだったのか??? とか悶々としつつお迎えへ。
そして、先生のお話を聞く。

穴が開いた所を塞いでいるその箇所の傷の具合はすこぶる順調ぴかぴか(新しい)

しか〜し、結膜を引っ張って来てるその繋ぎ目部分は、↑の部分に比べるとまだ若干治りが遅い。

今、血清の目薬を差して、血流を促してるじゃないですかぁ。
その血管がウニョウニョ這ってるのって、傷が癒えて来ると自分で必要ないって判断して、
自然に無くなって来るんですって!
確かに最近、見えてる部分が白っぽくなったなぁって思ってたんです。

それが、普段見えていない繋ぎ目の方は、血流がまだまだあるので、
今切ると出血が多くなり、目の腫れも大きくなるので、もう2週間程時間を置いて
それからの方が良いだろうと言う事になったそうです。

とりあえず、ケガした所は超順調ですよexclamation×2 って言って貰えて、私も超安心しましたわーい(嬉しい顔)

しんどかったのも、ちょっと飛んでった感じるんるん

久々に4時間強離れ離れのお2人さんでしたが、兄は気にかける様子もあまり見られず。。。
まぁカレは頭が良すぎる位良いので、全部分かっているハズ。
出掛ける前に、ウィリーを先生に預けに行くって言って、
『ジョニくんは、もう元気になったから行かなくてもいいよね?
かほブー、先生に大丈夫ですって言っとくよ』って言ったら、ベッドで寝たまま見送ってくれたしね。笑

IMGP3341.jpg

IMGP3342.jpg

IMGP3339.jpg

IMGP3343.jpg

さぁ、これからまた点眼頑張りますョ手(グー) そして体調の回復に励みたいと思います手(グー)手(グー)
明日もお散歩お休みさせてよねあせあせ(飛び散る汗)

追伸メモトリミングの予約入れてた、WagのD夫妻、ドタキャンしてごめんねぇ〜もうやだ〜(悲しい顔)


posted by かほブー at 19:52| 香川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

全抜糸!


血清の目薬の交換に行きました病院

そして予定通り、本日瞼の抜糸終了ぴかぴか(新しい)
DSCF8193.jpg
今日もやっぱり微動だにせず、偉かった手(チョキ)
DSCF8195.jpg
患部はこうなっています。↑
真ん中辺りのブツブツしてる所が、結膜と角膜を縫い合わせている部分。
次はここの抜糸になります。

次回月曜日に、手術して下さった先生に診せに連れてって下さる予定。
上手く行けば、そこで抜糸出来るかも。。。

そして今日は目薬を作る為の採血がありましたひらめき
DSCF8196.jpg
手や足よりも採り易いので首からあせあせ(飛び散る汗)
DSCF8197.jpg
これまた微動だにしませんよ。笑
ほんとウィリーには感心しきりですわーい(嬉しい顔)


posted by かほブー at 13:52| 香川 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

通院日


目薬の交換日は明日だけど、明日はちょっとお出掛け予定るんるんなので、
前倒して今日行って来ました病院

そして、今日も2針抜糸ひらめき

DSCF8167.jpg

残る1針は、眼の中に少しでも目薬を留まらせておく為に、あえて開けないそう。

今日は最後の抜糸になるかもと思い、記録の為にカメラ持参で行きましたカメラ
へっぽこコンデジの為、ブレブレなのはご容赦下さいもうやだ〜(悲しい顔)

cats.jpg

スゴクないですか? この状態で微動だにしないウィリーって。。。

奥さん先生が頭を抑えてくれて、ご主人先生がハサミとピンセットでパチンとやります。
飼い主は写真撮影。笑

ほぼ目が開きました目

普通、眼球には血流がないので、血走ってるのがちょっとグロテスクですが、
結膜が角膜に上手くくっついて再生をして貰う為に、
わざわざ血清の点眼をして血の流れを促している訳です。

なので、この状態が正しい。。。 正しいけど、見た目ちょっとグロいあせあせ(飛び散る汗)

コレ、大人しくしてる状態なのでこの位ですが、
血の巡りがよくなるとエライ事になりますあせあせ(飛び散る汗) 真っ赤っかどんっ(衝撃)

DSCF8174.jpg

そうそうひらめき
こんな時は、それこそウサギさんの目ですよ爆弾


posted by かほブー at 13:04| 香川 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

抜糸


昨日は目薬の交換日で病院へ病院

5日間ってアッという間あせあせ(飛び散る汗)

そして、先日の3針に続き、2針抜糸。

IMGP3263.jpg

開いて来ましたよぉ〜 ウィリーの大きなお目目目

黒目の右側の方の白っぽい所が、傷を塞ぐ為に、白目の結膜を引っ張って来て
眼球と縫い合わせている部分。

赤っぽくなっているのは、きちんと血流があり、定着して来ている証拠なので良いとの事。

瞼の腫れも引き、目の周りを触ると嫌がっていたのもなくなり、
順調に傷は癒えているようですわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

多分あとまだ、2、3針残っているので、次回抜糸は土曜日かな。。。
全部開いたらどんなだろ???

ウィリーはさぞかし視界が開けて嬉しい事でしょうぴかぴか(新しい)

私は目を傷付けないか、ヒヤヒヤだけどねふらふら苦笑

相変わらず、エリカラが怖い兄犬
IMGP3258.jpg
まだ当分我慢だねぇもうやだ〜(悲しい顔)


posted by かほブー at 11:48| 香川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

抜糸しました!


今日は血清の方の目薬の交換日。

先日のお話にあったように、抜糸をしました。

但し、3針だけ。笑

IMGP3222.jpg

先生が、患部の様子を見るのに、ちょっと開けた感じ。

もうしばらくこの状態で行って、6月に入って再手術の予定です。

ホントなら、全部開くとこだけど、いかんせん本人に全くの躊躇がないので
恐ろし過ぎる。。。

せっかく今まで順調に来てるのだから、慌てず焦らず、念には念を入れて。。。

主治医も飼い主も同じ思いです。

目は半分くらいは開いたかなぁ。。。

だいぶ視界が広がったハズです。

患部は黒目の半分に白い膜がかかった感じで、そこに肉が盛ってる雰囲気。
結構グロテスクです。。。

全開になったら、そこを傷付けないように毎日をやり過ごさなければいけないのだけど、
かなり神経を使いそうですよ。涙

エリカラが付いてても、どんどん色んな所に顔を突っ込んで行くので、
草むらとかには絶対行けなさそう。 想像しただけでも怖い。

あっ、今日、抜糸の間、微動だにせず、飼い主もちょっと驚きました。

目の前に鋏が来るんですよぉ〜 しかも瞼を縫ってある糸を切る!

人間だって、かなり恐怖ですよね。。。

ジッと出来ないと麻酔をかける事になるんだけど、そうなると何回にも分けてって訳にもいかず、
うちの場合は無理だったから、ウィリーが暴れなくて良かった。

兄なら間違いなく、全身麻酔だったナT0T

次回は来週の火曜日に、目薬の交換です。 

余談だけど、今日病院で、23歳のマルチーズちゃんに会いました。
23歳ってスゴクないですか???

初め先生が、『23歳なんですよ』って言うのを、飼い主さんの事かと思って、
けどどう見てもそんな感じじゃないし。。。苦笑
そしたら犬の事でした。

飼い主さんとちょこっとお話ししたら、前に飼ってたヨーキーちゃんも25歳で亡くなったんだそう。

25歳?! 25歳ってスゴクない???

長寿の家系なんですね。 血縁はないから家系じゃないか。笑 
けど、そんな気がする。

マルチーズちゃん、目は見えないけど、耳は遠くはなっても聞こえてるし、
排泄も自分出来るし、ご飯もモリモリ食べるそう。

羨ましい。。。 あやかりたい。。。  いつまでも元気で居て欲しい。。。



posted by かほブー at 19:15| 香川 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

通院日


連休明け、月曜日以来の診察病院

縫い合わせていない部分が、まただ〜いぶ開いて来たひらめき

DSCF8151.jpg

中の黒目が見えるようになったので、傷口も若干確認出来るように。。。

今の所、化膿もしていないし、順調との事で一安心黒ハート

DSCF8152.jpg

ところで、術後、前にも増して良く寝るようになったウィリー。

片目だから、目が疲れて余計に眠くなるのかと思うんだけど、
起きてても、常に眠い風。笑

そして、まだまだ明け方は寒い今日この頃。
毎朝4:30に起こされますもうやだ〜(悲しい顔)

今までなら布団に潜り込む所だけど、それが出来ない今は、飼い主に訴えるしかない。

とりあえず、抱いてベッドへ連れて来て、隙あらば潜り込もうとするのを阻止する為に
お布団を全部はぐり、
しばらくたって、ウィリーが諦めて私の腕を枕に寝始めた所で、
身体部分にだけこっそりお布団を掛けてあげる毎日。

お陰で飼い主は若干の寝不足気味ふらふら

けど、考えてみれば可哀想だよね。
自分だけ布団に入れてもらえない事が、きっとウィリーには不思議でしょうがないだろうし、
納得いかないハズ。

夜泣きがなくなっただけ、飼い主の心も楽になった。

まだまだ道のりは長いけど、一緒に頑張ろうネ手(グー)

明日も診察です病院





posted by かほブー at 17:43| 香川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

ウィリーのおうち


先生から、一緒に寝るのは禁止と言われ、
土曜日の夜中に家に帰って来てから、『さて、どうしたものか。。。』
と夫婦で思案して、結果、こんなおうちが出来ました家

IMGP2771.jpg

普段から置いてあるサークルに、建売住宅を連結してみたexclamation

サークルにしいてある水色のシートは、防水なので、万が一おしっこをしても洗えるので平気。

IMGP2776.jpg

サークルの入り口とサイズもピッタリで、高さがある分、エリザベスが引っ掛からずに出入り出来ます。

買ってはみたものの、ほとんど出番のなかった建売住宅が、こんな所で役立つとは。笑

目に触るといけないので、1日の大半をサークルで過ごす弟。

IMGP2778.jpg

兄は気になって外から様子を伺うんだけど、それが鬱陶しくてガウるあせあせ(飛び散る汗)

今日も病院へ行って来ました病院

先生に、『順調ですね』って言ってもらえてホッと安心。
お休み中も点眼頑張ります手(グー)

そうそうひらめき
昨日は、夜泣きをされましたぁもうやだ〜(悲しい顔)

やっぱりまだ本調子ではないので、声も細くてヒュルヒュルヒュル〜って、
ホントに泣いてるみたいで。

一度は負けて抱っこしてあげたんだけど、その後サークルに戻しても泣いててもうやだ〜(悲しい顔)

ベッドに連れて来る以外は、泣き止む事はないから、それが出来ないのなら放っておくしかない。

私も泣きながら心を鬼にしてグっと我慢していると、暫くしたら諦めておうちに入った様子。

今朝は5時に泣いて起こされました。笑

多分、これから暫くは、こんな生活が続くんでしょう。。。

ごめんね、ウィリー。 意地悪じゃないよ。。




posted by かほブー at 18:49| 香川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

ウィリーのこと


今日は長文です。

自分の備忘録的な所もあるので、お時間のある方は、宜しければ読んでみて下さい。

まずは、昨日の経過から書きます。

朝起きて、いつものようにトイレに連れ出し、それ以外の時は、
それこそ24時間エリザベスカラーを付けっ放しだったのを、
トイレの時だけは、地面を擦るので外してあげていました。

前日までは、ホントどうもなかったのに、昨日の朝、突然手で掻いて悲鳴を上げたそう。

ヒロくんが連れてってくれていたので、私は現場を見ていないんだけど、
ヒロくんが悲鳴で気付いて見た時には、既に目から出血。

痛みがあるようで、ブルブル震えて、エリザベスも嫌がってなかなか付けさせない。

けれども、また引っ掻くと大変だから無理矢理付けて、速攻で病院へ。

先生は、パっと見て、瞼を縫い合わせた方がいいかも。と言う事で、

とりあえずは、目の専門の先生と相談して治療方針は決めますが、今日は預からせて下さい。

と言う事になりました。

そして、夕方電話があり、

思っていた以上に傷が深い。
瞼を縫い合わせて1ヶ月様子を見るのも1つの治療法だけれど、
ウィリーはぶどう膜炎があるので、積極的な治療をさせて欲しい

と言う事でした。

そして、医療機器の揃った別の病院で、手術経験の豊富な先生に執刀して頂き、
かかりつけの先生も立会いの下、昨日の夜、無事に手術は終了。

0時前に一緒に家に戻って来ました。

病院にお迎えに行き、受けた説明では、

その前に擦って大きくしてしまった傷の所が、角膜がすっかりめくれて穴が開き、
その中から出血していた。

その穴を塞がない事には、眼球がパンクしてしまう。

そして、それには、同じ黒目の所を切開して膜を引っ張って塞ぐのだけど、
ウィリーは傷が大きかったのと、場所が端っこだったのでそれが出来ず、
下の白目の所から引っ張って来て縫い合わせている。

そして、その引っ張った部分は2週間程で定着すると思われるので、
2週間後に、今は縫い合わせてある瞼を開き、引っ張った所との境目を切断。
そう。必ずもう一度手術が必要なのです。

そして、その覆った部分は、自然に黒目に吸収されて行くのだけど、
ウィリーの場合は白目を使ってカバーしたので、その部分は若干白っぽくなると思われる。
けれども、それは時間経過で徐々に緩和されるはず。

これからの治療法としては、抗生物質と自己血から取った血清の点眼を、1時間半おき。

目頭の部分に少しだけ縫っていない所があって、そこから点します。

DSCF8147.jpg

血清を点眼するのは、眼球には表面に血管が通っていない為、傷の治りが遅いそう。
それを少しでも促してあげる為に、自分の血液から採取した血清の点眼で補充。

防腐剤等一切入っていないので、5日毎に新しい物に作り変えるそう。

そして、先生が何度も仰ったのは、普通なら間違いなく入院です。

けど、ウィリー自身の気持ちの問題。 ジョニーの気持ちの問題。
私達夫婦の気持ちを考えて、自宅に帰します。 と。。。

その変わり、布団などが当たるといけないので、一緒に寝るのは禁止。

昨日の夜から早速ウィリーはサークル生活です。

そして、リスク面のお話しもありました。

この間傷を作った時、その傷の治療に、角膜保護の目薬を点していたのだけど、
その時は、ぶどう膜炎の治療のステロイドも時間差で点していました。

先生が、相性が悪い と仰っていたのだけど、
それは、治りを遅くすると言う意味合いで、実際今回も治療中にも関わらず
また傷を大きくしてしまう事になりました。

そして、今回の手術により、ステロイドは一旦中止。

なので、その間に緑内障を発症してしまうかも知れないと言われました。

そして、そうなった時、症状が進んで、目薬では眼圧のコントロールが難しくなった時、

以前の話では、眼球の中の組織は全部取ってしまって、その中にシリコンボールを入れて、
見た目そんなに変化はない治療法が最近の主流だと聞いていたのだけど、

ウィリーは眼球に穴が開いてしまった為に、その方法は出来ないと。

なので、もしそうなった時には、ウィリーの生活の質を落とさない為にも、
眼球を摘出させてもらいます。 と。。。

先生は起こり得るあらゆる事を想定してお話しして下さり、
言い事ばかり言ってもそれは仕方がないので、
やはりこういうシビアな話も知っておいてもらいたい。と。。。

1番怖いのは、傷口が化膿する事なので、とにかく点眼をマメに。
起きている間は、最高に間隔を開けても3時間まで。

基本は1時間半のペースで点眼です。

当のウィリーは、ご飯もフツーに食べ、サークル越しに様子を伺う兄にガウり、
1人でおりこうに寝ています。

たまに、出して〜って泣くので、出してあげると

DSCF8146.jpg

美味しそうにヒロくんを舐めます。笑

DSCF8148.jpg

今朝はまだちょっと涙に血が混じっていたけど、それも落ち着きました。

そして、瞼の腫れも徐々に引いて来ています。

抗生物質を先に点し、5分置いて血清なので、その間がちょっと待ち遠しい???

DSCF8150.jpg

私に出来る事は、きちんと目薬をさしてあげる事。

あとは、ウィリーの治癒力に賭けるしかありません。

こないだちょっと傷を作った事が、まさかこんな大事になるなんて、
その時には夢にも思わなかったけれど、

緊急の処置としては、香川県で受けられるであろう最高のレベルの治療が出来たと思う。

と先生も太鼓判を押して下さっているので、これからのまずは2週間を
頑張って行きたいと思います。

幸いにも、GWでお休みが続き、ヒロくんも家に居てくれるので、ホント助かっています。

勿論、『弟命』の兄も、どんなに私達がウィリーを構おうが、
ウィリーを抱っこしようが、一向にヤキモチを焼いたりする様な事もなく、
静かに見守ったりしていますよ。

みんなで頑張ろうねー!!

そして、遠くまでウィリーを連れて行って手術を受けさせて頂き、
また夜中に連れて帰って来て、私達の元に返して頂いた先生。

本当に本当にありがとうございました。

これからも、どうぞ宜しくお願いします。


乱筆・乱文、最後まで読んで頂いてありがとうございました。






posted by かほブー at 19:42| 香川 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 角膜再生手術(ウィリー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。